ホテル設計デザイン

東京オデッセイでは、これまでに培ってきた様々な商業施設の設計デザイン手法をホテルデザインに活かし、宿泊施設に長期的な経済価値を創造しています。また、ホテル事業開発のコンサルや企画などのサポート、開発支援なども積極的に実施しています。シティーホテルから宿泊特化型のビジネスホテル、カプセルホテル、キャビンホテル、インバウンド向けデザイナーズホテルなど幅広くご要望にお答えいたします。

HOTEL
ARCH & INTERIOR
DESIGN

ホテル作品一覧

作品一覧はこちら

関連記事紹介

ホテル特集 連載 05

東京オデッセイが計画する新ホテルコンセプト

MED HOTELS. (meditation executive design)
心が元気になるホテル→
HEALING FINE! 無味乾燥なビジネスホテルに別れをつげて、、、

このホテル特集
デザインパンフレット
差し上げます!

ホテル事業への新規参入を検討中の方オフィスビル等からホテルへのコンバージョンなどを検討中の方はお気軽にご相談ください

ホテル事業への新規参入の方
あるいはオフィスビル等からホテルへのコンバージョンなどを検討中の方

東京オデッセイではホテル事業開発のコンサルや企画などのサポートから開業支援なども積極的に実施しております。
設計デザインなどイメージが重要なホテル事業だからこそ私たちが総合的にお手伝いさせていただいております。

まずは、お気軽にお問合わせください!

お電話でのお問合わせは
03-6459-4022まで

『東京オデッセイのホテル設計』
設計デザインにおける5つのアプローチ

宿泊施設に長期的な経済価値を持たせるデザイン演出を企画し
時代やユーザーニーズを分析し、
地域性に見合ったデザインとコストパフォーマンスで
効果的な設計を行う5つのアプローチを紹介いたします。

多角的に
考え尽くされた設計

施設側の意図通りに消費行動をとっていただける理にかなった設計、
ユーザーニーズを分析し期待を超える”驚き”を演出すること。
人間心理や施設動線、視覚的効果を考え、効果的な計画をご提案いたします。

付加価値の
創造

平凡なデザインでパッケージ化された宿泊施設では差別化は図れません。
圧倒的な話題性を仕掛けるには、付加価値の創造が必須です。
ホテルブランドの価値を向上させ、集客力へつなげるアイデアをご提案いたします。

デザインによる
ブランディング

ブランドとは「信用の証」です。
ホテルが発信する個性・空間演出・運営・サービスのあり方、
これらを視覚化し伝えていくのがデザインです。
デザインでユーザーの心をデザインすることがファンを作ることにつながります。

顧客主体の
プランニング

顧客ニーズを的確に読み取りプランニングすることが大切です。
商業施設は既存ファンに何を求めてきたのか?
そのミッション(使命)を明確にし、企画していくことが、本来の顧客満足です。

顧客心理を
演出する

人間の習慣性や心理的動機を意図的にデザインでコントロールする。
施設側の意図通りに消費行動を取っていただくよう『空間演出』の要素を活かし
影響力のある空間をご提案します。

- VRプレゼンテーションのすすめ -

私たちは最新VR技術でデザインをご提案いたします!

  • 動かないパースでは得られないスケール感を再現できます。
  • 3Dモデリングによる建物空間を自由に歩きまわり様々な角度から検証できます。
  • 私たちのデザインをいち早くあたかも現実空間として体験していただけます。
  • 最高のデザイン検証を実現できるVR技術を採用しご提案しています。

まずは、サンプルムービーをご覧ください。

WORK FLOW

  • お問い合わせ
  • 01
    ヒヤリング
    お客様のご要望をお聞かせください。
    わからないことは、詳しくご説明させていただきます。
  • 02
    現地調査/関連条例調査
    実際の現地の敷地・物件の調査や、
    所轄行政による関連条例の調査を行います。
  • 03
    ご提案
    企画や基本計画、スケジュールのほか、最新テクノロジーを用いた3Dシュミレーションでデザイン戦略をわかりやすくご提案いたします。
    • デザインアイデアの抽出
    • デザイン方向性の提案
    • デザインメージの共有化
    • ビジュアルシミュレーション
    • WT/VRでのデザイン体験
    • 合理的設計へのアプローチ
    • ローコスト化
    • 機能的設計への配慮など

    クライアント様のさまざまなご要望を盛り込みながらさらに進化させた設計デザインとして繰り返しご提案いたします!

  • 04
    設計業務お見積
    /建築設計監理業務委託契約
    基本計画の情報を基に設計業務のお見積をご提出、「建築設計監理業務委託契約」を交わさせていただきます。
  • 05
    法適合対応
    (事前協議/各種行政届出)
    基本設計の方針を決定していただき、計画を基に事前協議と各種法規適合対応を進行いたします。
  • 06
    実施設計/確認申請
    工事の実施及び施工者の工事日の算出ができる段階まで、設計図書を明細化する設計業務をいたします。また、意匠・構造・設備設計を行い、建築確認申請業務を行います。
  • 07
    施工者の選定
    実施図面を基に施工者での見積もりの段取りと管理を行い、見積書の精査と必要に応じた減額案の作成、施工者の選定を行います。
  • 08
    現場着手
    建設会社と工事請負契約書を交わしていただきます。
  • 09
    工事監理
    施工者への指示及び施工図での施工方法と状況の確認、最終的な仕上げ素材や色の検討を行います。現場定例会議への出席をお願いします。
  • 10
    竣工対応
    建築確認機関による完了検査を受け、建築完了検査済証を受領します。設計検査、施主検査を経て竣工引渡し。
  • お引き渡し

資料請求やお打ち合わせのご依頼は、
どうぞお気軽にお問合わせください!

お電話でのお問合わせは