昨年4月に改正健康増進法が施行されたことで、原則屋内禁煙となったパチンコホール。

最近では喫煙室の設置に加えて、加熱式たばこを吸いながら遊技をすることができる「 加熱式たばこエリア 」を設置されるホール様も増えています。

本稿では、東京オデッセイが手がけた「 加熱式たばこエリア 」設置に伴う最新のリニューアル事例をご紹介いたします!

「加熱式たばこエリア」設置+内外装フルリニューアル
ガラスではなく高クリアフィルム
通常エリアと「加熱式たばこエリア」を隔離するための大型分煙間仕切り。
パチンコ島を利用して上部に設置するため、ガラスと比較して、荷重負担削減とコスト面でのメリットがある透明不燃フィルムを採用しています!
お店のイメージカラー オレンジ をメインにポップで明るい空間にリニューアル!
店舗全体のイメージをガラッと変えながら、既存の生かせる部分は利用して、効果的なイメージの刷新を意識しました。
パチンココーナーとスロットコーナーでは、カラーイメージを変えて、一体ホールの中にも表情の異なる空間を演出しています。

遊技ホールとは対照的に、トイレはナチュラルテイストにリニューアル。
女子トイレではデッドスペースに飾り棚を設けて、温かみを感じられるフェミニンな雰囲気を演出しています。

「 加熱式たばこエリア 」設置に伴うリニューアルには、改正健康増進法に加えて、建築基準法、消防法、風営法など様々な検討すべき点があります。(外部のリニューアルも伴う場合には景観条例や広告規制の検討も必要になります。)

東京オデッセイでは「 加熱式タバコエリア 」設置に伴う建築的な課題の検討は勿論、コストメリットのある不燃フィルムや効果的なデザインなど、様々な工夫をご提案いたします!

「 加熱式タバコエリア 」設置に伴うリニューアルをご検討の際は、是非ご相談ください!