9年前に弊社で設計した案件のフルリニューアル工事です。

たばこのヤニやホコリシートの剥がれなど年月と共に汚れが目立ってきていました。1階は特にたばこの臭いが残り改善する必要がありました。

今回の工事の大きなテーマが3点ありました。

1.5日間の店休期間でどれだけやれるか。
2.改装後にお客様にどれだけ変わった感を感じていただけるか。
3.遊技環境(臭いや温熱環境 照度分布など)をどれだけ改善できるか。

■5日間の店休期間

遊技台1000台をこえる大型店です。店休期間が5日間と決まっていました。この店休期間で求めららる工事がどれだけできるのか工程調整が一番の課題でした。

当初からお施主様や施工業者様と打合せを重ね、施工の範囲、方法、を決めていきました。現実的にできること、無理をすればできること、無理をしてもできないこと、本当にできないこと、工事内容を吟味して、内容を詰めていきました。事前着工工事(夜間工事)もお願いし、なんとか工程内に納めて頂きました。

■変わった感

工事計画のご依頼を頂いたのが7月はじめでした。オープンまでの日数を考えると一週間でデザインを詰めご提案し、承認をしていただく必要がありました。

昨年の年末にオープンした金山店をモチーフに栄住吉店の良さ(立地、レイアウト、アプローチ等)がさらに際立つような方向性のデザインと、タイポグラフィとビビットカラーを使用して新しい栄住吉店のありかたをイメージしたデザインの2案のご提案をさせていただきまして、両案とも大きくイメージが変わるようにデザインをつくりました。(キング観光金山店モチーフの提案を承認頂きました。)

改装前:1階のセンター通路
天井やミラーの汚れがめだちます。
改装後:1階のセンター通路
照明は変えていませんが、全体的に明るい印象になりメリハリのある空間となりました。
改装前:地下1階センター通路
改装後:地下1階センター通路
天井照明は既存のままですが、アッパーライト、足元ライン照明を設置して
照度のメリハリをつけています。

■遊技環境の改善

時間がたつとどうしても、鏡、クロス、磁器質タイル、タイルカーペットといった内装材に臭いやヤニがついていきます。クロスやタイルカーペットといった材料は全て張替えを行いました。(これらの内装材は張替え前提で商品がつくられています) 鏡や磁器質タイルは、クリーニング業者と相談していくつかの薬品を現地で試験して決めました。(竣工当時の色にもどりました。)

また、空調設備もフルメンテナンスを行いました。ダクトの清掃(天井の中からダクトの中にはいり手作業で掃除をします)室内機のベルト交換、フィルター交換、機器清掃など、空気環境や温熱環境の改善を可能な限り行っています。

地下一階はスロットエリアです。過去の改装や照明器具交換等で、照明計画がちぐはぐになっていました。LED化の工事はすでにおわっていましたので、アッパーライト、足元ライン照明といった演出照明を追加し、空間全体のイメージをつくりました。

改装前:地下1階のカウンター
全体的にうすくらいイメージになっていました。
改装後:地下1階のカウンター
照明の向きを調整、アッパーライトを設置し照度分布を調整しています。