このたび、東京オデッセイが設計・デザインプロデュースした複合施設「SUPER DOME中央店」が、令和元年12月21日に全館リニューアルオープンしました。
遊技場「スーパードーム中央店」飲食店「焼肉ダイニング 花いちばん」漫画喫茶「まんが図書館 D-ポケット」の3店舗で構成されています。
この記事では、その中でも「焼肉ダイニング 花いちばん」と「まんが図書館 D-ポケット」のリニューアルについてお話させていただきます。

RESTAURANT

DESIGN

カフェスタイルで気軽に楽しめる
焼肉店としてリニューアル!

今回、全面リニューアルした飲食店「焼肉ダイニング 花いちばん」。
ランチメニューを豊富に取り揃え、他店舗を利用されるお客様の需要もあり、複数名だけでなく、1名で来店するお客様も多い同店ですが、旧店舗ではテーブル席を大半を占め、カウンター席は4席のみでした。
新店舗ではお店の中央に厨房を構え、カウンター席とテーブル席を分割することで、それぞれが異なる客層のニーズにあった空間とすることを目指しました。
カウンター席では、「一人でも入りやすく、カフェ感覚で気軽に焼肉を楽しめる」ように、床と壁にグラフィックペイントを施し、カジュアルな空間に。
テーブル席では、間仕切りを設け、ご家族連れやお仲間同士で気兼ねなくゆっくりと焼肉が楽しめる空間となるように心がけました。
また、お酒を楽しむ場所としては、明るすぎるように感じられた旧店舗に対して、新店舗では黒と木目調を基調とした、インダストリアルな雰囲気の中にも温かみや上品さを感じられる空間にしました。

半セルフシステムのカウンター席。カフェテイストの空間でカジュアルに焼肉が楽しめる。
新店舗のテーブル席。間仕切りを設けて、気兼ねなくゆっくり焼肉が楽しめる空間に。
MANGA / KARAOKE
INTERNET CAFE

DESIGN

漫画喫茶、一部リニューアルでイメージ一新!

2階に上がった先にある「まんが図書館 D-ポケット」。
エントランスと階段室のデザインを一新し、お店のイメージを大きく変えました。
お店の顔となるエントランスでは、旧店舗が白を基調とした空間だったのに対して、黒を大胆に使用することで、大きなイメージの変化をねらいました。
また、提供している飲食メニューが豊富なことから、カフェをイメージしたグラフィックペイントを施しました。
店舗ロゴも新しいお店のイメージに合わせて、新しくデザインさせていただきました。
また、店舗への動線となる階段室も、エントランスと同じテーマのデザインで統一することで、訴求力を高める、一体感のある空間になりました。

エントランス(カウンター内は厨房)。
白基調の内装から、黒基調の内装に一新。店舗ロゴも新しくデザインしました。
店舗への動線となる階段室。エントランスとデザインテーマと統一し、
一体感のある空間に。

東京オデッセイでは、様々な業態の店舗が入った複合施設も、トータルでデザインのご提案・設計監理をさせていただきます!
⇒パチンコホール改装についての記事はこちら