東京オデッセイでは、商業ビル開発プロジェクトに設計デザインで参加させていただいております。

昨今、飲食用途を主軸にした商業ビル開発は、大手デベロッパーを初め積極的に進められています。

そ の 理 由 に は ・・・

1)飲食店は収益が安定しており、好不況にも左右されにくい。

2)オフィスのように一等地である必要はなく、大通りから多少奥まった立地でも、その飲食店に訴求力があれば来店動機になる。

3)地形が良くない土地でも開発が可能で、敷地面積が狭いため用地取得競争もオフィスやマンションほど激しくない。

という背景があるようです。

では、どのような開発をすべきか? ポイントは3つです。

Point-1)計画地での商業特性を見極め、テナント構成企画を行う。

Point-2)近隣ビルに埋もれない存在感を持たせたデザインを検証する。

Point-3)テナントの営業アピールを手助けするサイン計画。

商業ビルは複数のテナントが入居するからこそ、ビル自体の存在感と機能性を計画する必要があります。

東京オデッセイでは、多種多様な商業施設のノウハウを活かし、創意工夫を持って事業主様のプロジェクトに必ず最適解なデザインやプランをご提案いたします!!