今年2月、大阪・本町に新感覚のレスミルズ特化スタジオ『スタジオトライブ・StudioTRIVE』がオープンしました。

ファサード、インテリアデザイン、SIなどイメージクリエイティブを東京オデッセイが担当。

設計デザインから施工監理までイメージクリエイティブを中心にプロジェクトのディレクションを行いました。

 2日間のオープニングイベントには、延べ700人が参加。3月には、ウェブサイトに1日最大7000件のアクセスが集中し、サーバーが一時的につながらなくなる程の反響があったという。

 ニュージーランド発祥というグループエクササイズ「レズミルズ」に特化した同スタジオは、「ボディパンプ」「ボディバランス」「シバム」「ボディコンバット」「ボディアタック」「ボディジャム」など多様な6アイテムがあり、最新の音楽と光の演出に合わせて身体を動かします。

 デザインは、スタジオコンセプトでもある「音××汗=新しい自分」を躍動的に表現した。

熱狂的なファンはもちろんのこと、初心者でも楽しく参加することができ、トライブ体験を通して同スタジオのファンになることでしょう。

 オープン前に想定の3倍を上回る900人もの会員数を集めたことやオープン後に利用者の利便性を重視し増床を決定。

4月には、男女各40個あるロッカーを倍の80個へ、シャワーブースも男性が3台から7台、女性は3台から12台に増やした。

また、同時期に世界でも最先端のプログラム「THE TRIP」を公開した。

最新の音楽に合わせ、プロジェクションマッピングで投影された仮想世界をバイクで疾走するエクササイズ。

この他にも新たなプログラム導入など、進化が止まらない。

「スタジオトライブ」竣工動画