未だ感染拡大が続いているコロナ禍において、ホテル業界およびホテル事業者の皆様へ朗報です!

この度、東京オデッセイにて、ホテル事業者様へ向けた「補助金申請業務サービス」を正式にスタートいたしました!

設計デザインと合わせて、これまで以上に強力にサポートさせていただく社内体制を整えました。

是非ともこの機会に、バリアフリー化と合わせたホテルリニューアル計画をご相談ください。

例えば、東京都および公益財団法人 東京観光財団が、現在募集している「宿泊施設バリアフリー化支援補助金」は、施設の共用部のバリアフリー化を含めたリニューアルの場合、最大6000万円!!客室のバリアフリー化だと最大9600万円までの補助金が交付されます。また、車椅子やシャワーチェア等、バリアフリー化に必要な備品類や、バリアフリー化に伴うコンサル費および実施設計費用に関する補助金もありますので、極力イニシャルコストを抑えたリニューアル計画が実現可能です。 

まだ間に合います!(募集締切 2022年3月31日まで)令和3年度東京都宿泊施設バリアフリー化支援補助金額

※東京観光財団HP引用

▶︎施設整備(共用部、浴場のバリアフリー化)

3000万円〜最大6000万円※条件付

▶︎客室整備(客室のバリアフリー化)

4200万円〜最大9600万円※条件付

 ▶︎バリアフリー化支援補助金の活用事例

バリアフリー化補助金とあわせた客室リニューアル計画の一例をご紹介いたします。実際に車椅子や介護者動線も考慮しているため、一般的なシングル・ツインルームよりもゆとりあるレイアウトが可能です。

バリアフリー化の対象となる客室の内装工事費用、さらには介護用ベッドや車椅子対応の据え付け家具等も、補助金の対象となる可能性があります。また、水回りもバリアフリー化することによって、ユニットバスや洗面台なども合わせてリニューアルできます。

施設整備を目的としたバリアフリー化整備であれば、共用部(フロント・ロビーや廊下)や、浴場等ホテル付帯施設のリニューアルも可能です。

この度、新たにスタートいたしました「補助金申請業務サービス」と、これまでのホテル設計デザインのノウハウを掛け合わせ、今まで以上に価値あるご提案をさせていただければ幸いです。

もちろん全国各地の補助金申請対応も可能です。
どんなことでも結構ですので、これを機に是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先 tel : 06-6543-1220(担当 : ウエノ)

お問い合わせフォームはこちら