民泊新法施行の煽りを受け「既存の建物をホテル宿泊施設にリノベーションできないか?」という弊社へのお問い合わせが、ますます増え続ける中、私たちは、これまで数々の建物をホテルへ用途変更した実績を生かし、迅速な初動調査と事業性を見極めるための初期プランをいち早くご提案することを心がけております。

 

現在計画進行中の、某有名観光地至近でのホテル改装プロジェクトでは、

建物が元相撲部屋ということもあり、既存間仕切りや建具を活かすなど、ところどころに建物の歴史を感じさせられるような、リノベーション計画としています。

客室タイプもバリエーションを多様に揃え、ビジネス利用もできるシングル〜ダブルタイプから、2家族(6〜10人)でも余裕で泊まれるレジデンシャルタイプまで、様々なニーズに対応できる部屋割りにレイアウトいたしました。

インバウンド利用客に圧倒的支持のある和室の大部屋は、もともと和室だった仕上げをそのまま残しながら、新しくモダンな茶室を思わせる内装デザインを施します。

バルコニーには、日本庭園と壺湯も計画中!

 

昭和から平成へ、そしてまた新しい時代へと、歴史の流れを感じさせる一大リニューアルプロジェクトに、全スタッフ一丸となって取り組んでおります。乞うご期待ください!!