センチュリオンホテル・クラシック奈良

 

平城京、万葉、斑鳩、奈良には悠久の時間が流れている。

その時間を追体験するために観光客はやってくる、 朝早い春日神社で鹿と触れ合う厳かな時間。

その奈良が持っている「かけがえのない時間」をデザインのコアに据え、 構造・設備・ファサード・インテリアデザイン・グラフィックデザイン・ 植栽グリーンなどすべてにわたってリノベーションした。

 

オフィスだった記憶をとどめない改装は やってくるお客様を奈良の時間へと誘うことだろう。


 

Designed the times from the everlasting millionth.


Reborn Nara station Ekimae office Building renovation.


Centurion Hotel Classic NARA

 

The stream of time in Heiankyo, Manyo, Ikaruga and Nara.
Tourists come over to relive the times, a gentle hour to touch the deer at Kasuga Shrine early in the morning.
Setting up “irreplaceable time in Nara”  as the core of design, entire renovation work has been completed at all over the structure, facility, facade, interior design, graphic design, planting green and so on.
The refurbishment that never keep reminded its previous aspect, visitors would be induced to the times in Nara.