今回は、急遽始動することになった「風林火山」の計画についてご紹介します。

とある超大型遊技場の計画。(鉄骨造在来工法+屋上駐車場)

5年前より計画スタートし、計画方針検討・諸々の問題解決に紆余曲折ありながらも計画がまとまり、建築確認も申請中、施工者様も決定、今春着工という時・・・

お施主様より突然のご連絡!!

お客様:突然だけど「風林火山」工法に変更できないか?

オデッセイ担当者:「え??」

急遽、打合せとなりました。

お話をお聞きすると、事業計画の変更をご決断されたとのこと。それにはどうしても「建設費用を半分に下げる必要がある」というご相談をいただきました。

●2階と屋上をなくすことで建築規模の縮小

●風林火山を採用しローコストに!

過去に他店舗で「風林火山」を採用いただいており、メリットは十分ご理解いただいておりました。

建設費用大幅は下がります。

これは、以前よりご説明させていただいている

●杭の削減

●基礎の削減

●鉄骨数量の削減

●他、周辺部材の工夫

など、以前の記事でもご紹介させていただきましたとおり、建設の費用は大幅に下がります。

また、「風林火山」は建物の規模が大きくなればなるほどスケールメリットが大きくなる性質もあるため、今回の計画のような超大型店舗であれば、相当なコスト削減になるでしょう。

ですが!
あと、建築確認申請の確認済が下りれば、着工というこの段階。
しかも!建物完成時期そして、店舗オープン時期はそのままでずらせない。
とのこと!

大きな計画の方針は変わらないものの、設計としては一からやり直しとなります。

設計し直す時間があるのか? オープン、、間に合う??

工程を検討し直す必要があった為、一旦持ち帰り検討させていただくこととしましたが、

休み明けに、
「出来ます!」との返事をさせていただきました。

「やらせていただきます!!」

ほぼ不可能であるこのように思えるこの要望。なぜ出来るのか?
それは、以前のウェブマガでご説明した通り

ほぼ不可能であるこのように思えるこの要望。なぜ出来るのか?
それは、以前のウェブマガでご説明した通り・・・

「風林火山」工法は”工期も短縮可能”である!からです。

通常であれば、

『設計をやり直す期間』

『行政手続きをやり直す期間』

『建築確認申請をやり直す期間』など

上記の期間がどうしても必要になり、元々の建物完成時期には間に合わないことになるのですが、

設計やり直しで必要になる期間分を「風林火山」とすることで短縮できる施工期間とで相殺できると判断し、出来る!と判断しました。

というように、「風林火山」は単純に
●コストダウン
●工期短縮
できるというだけではなく、

「このような特徴があるからこそ、急なご要望にも柔軟にお応えできる。」

という実例を紹介しました。
この計画、現在設計真っただ中(再設計中)、順調に進んでいます。
今秋完成予定。皆様にご紹介できることを楽しみにしております。

「風林火山」採用 大型施設事例

昨年竣工オープンしたこの店舗をご覧にいただき、多数のクライアント様よりコスト削減・工期短縮含め「風林火山」についての問い合わせ・相談、相次いでおります。

[2018年竣工 滋賀県 遊技場]

安くて早い建築工法「風林火山」とは??
安くて早い建築工法「風林火山」とは??(続編 1)