風林火山

風林火山工法

ローコスト建築工法「風林火山」とは?

在来工法よりも、大幅なコストダウン、工期短縮が可能となる商品です。
東京オデッセイが企画・総合プロデュースさせていただく、
商業施設に特化したオリジナル建築工法です。
独自の特許工法により、躯体重量の軽量化が実現され、
在来工法よりも大幅なコストダウン、工期短縮が可能となる商品です。

  • 1億円の
    コストダウン!!
  • 工事期間の
    短縮!!

なぜ、コストダウンと工期短縮が可能なのか?
一般工法との主な違い

構造の軽量化・簡素化

  • 一般的な工法では屋根荷重や建物自体の荷重を支えるために
    相応の大きさの重量鉄骨が使われており、柱の間隔によっては
    かなりの太さの部材が使われます。またそれら部材を繋ぎ止める
    部品についても相応の強度が必要となりコストアップの要因となります。

  • 低予算工法「風林火山」では梁に相当する部材のモジュール化を行い
    強度を保ったまま、鋼材の軽量化が図れる独自の構造を採用しております。
    それにより、梁や屋根を支える柱においても部材のサイズダウンが行え
    さらに幅広な柱の間隔にも耐えられる構造となります。

基礎の簡素化

  • 一般的な工法において、鉄骨部材と同等の構造を占める基礎部分があります。
    多くの場合、地盤の条件が良いとも限らなくその場合には杭や地盤改良の必要があり
    さらに、大きさや強度も建物自体の重量に左右される部分となります。
    計画全体のコスト的にも大きく占める要因となる部分でもあります。

  • 低予算工法「風林火山」では、モジュール化により建物自体の重量が軽減されており
    多くの場合の地盤では、杭や地盤改良の必要が殆どありません。
    また、荷重がかなり抑えられている為、ベタ基礎のような高強度な基礎ではなく
    独立基礎、布基礎を用いて大幅にコストを抑える事が出来ます。

専用の内装仕上げ

  • 一般的な工法の内装設計では、大きく太い柱を隠す仕上げ施工や
    圧迫感のある背の高い梁などを隠す天井工事などを行う場合が殆どであり
    特に天井の施工においては高所作業となり、足場コストなど加算され
    内装工事における大きなコストの項目となります。

  • 低予算工法「風林火山」の内装では外装材であるALC板の室内側に塗装を施し
    内装材として兼用することや、モジュール工法による大きく開放的な
    構造空間において天井を貼らない等、内装費用を抑えています。
    また、ローコスト建築専用の内装仕上材を大量生産することで安価で
    意匠性に優れた内装仕上材を使用できます。

避難安全検証法適用

  • 一般的な建築設計において、火災時における煙の排出を行う排煙窓の設置や
    煙の遮断をする為の防煙垂壁の設置など法規制で適用される機材が多数あります。
    法規制と言えども設置は必要でコスト的に加算されます。
    さらにそれらの意匠性を良くする為にガラス製などを用いるとまた高額となります。

  • 低予算工法「風林火山」では、高い天井空間を活かした避難安全検証法適用建物とすることで通常の建物には必要な防煙垂壁、排煙設備、異種用途区画等が不要となります。 コストを抑える事ができるのはもちろんですが、空間全体の意匠性を高める事ができ 空間の有効活用としても大きく有用なのと、火災時における安全性確保の根拠ともなります。

工事期間の大幅カット

  • 一般的な工法の鉄骨の組み立てでは柱や梁を一本一本クレーンで吊りボルト固定をしています。
    その為、鉄骨建方の施工では多くの工程日数は必要となるほか、人員も相当に必要となります。
    また、建方が終わらなければ建築工事として次の工程にも続ける事ができず工事の進捗に
    大きく影響される事にも繋がります。

  • 低予算工法「風林火山」での建物躯体の組み立ては、地上で一気にモジュールを組み立て
    クレーンで柱に乗せ固定するだけなので、鉄骨建方と同時施工が行えかなりの工程短縮となります。
    他にも、杭や地盤改良が不要、天井工事等が不要、排煙設備が不要など全体を通しての
    工事期間は約2.5ヶ月程度となり確認申請提出から工事完了まで約4ヶ月となります。

通常の鉄骨造の場合、確認申請提出から工事完了まで約6〜7ヶ月必要ですが、
ローコスト建築の場合、標準仕様がしっかりと決まっており
特許取得工法である独自工法においては「構造適合判定不要」のため
申請等にかかる日数が大幅に短縮(1.5ヶ月程度)されます。

だから、「安く」「早く」建築が可能!

この風林火山工法は自社開発製品ですが、構造材単体での販売も可能です
ゼネコン様、クライアント様からのご注文にも対応いたします

こんな店舗建築にオススメです!

500m² 〜 3000m² 〜 10000m² 〜

  • スーパーマーケット
  • ドラッグストア
  • ディスカウントストア
  • ホームセンター
  • ショッピングセンター
  • 郊外型遊技場
  • 複合商業施設
  • 倉庫/工場
  • 大型遊技場
  • 野外イベント
  • ライブハウス
  • スーパーマーケット
  • ドラッグストア
  • ディスカウントストア
  • ホームセンター
  • ショッピングセンター
  • 遊技場
  • 商業施設
  • イベントホール
  • ライブシアター
  • 倉庫

WORK FLOW

お問い合わせ

ヒアリング

お客様のご要望をお聞かせください。
わからないことは、詳しくお説明させていただきます。

現地調査/関連条例調査

実際に現地の敷地、物件の調査を行います。
あわせて、所轄行政による関連条例の調査も行います。

ご提案

基本計画やスケジュールなどのほか
最新テクノロジーを用いた3Dシミュレーションなど
デザイン戦略をわかりやすくご提案致します。

設計業務お見積り/建築設計監理業務委託契約

基本計画の情報を基に設計業務のお見積りをし、
「建築設計監理業務委託契約」を交わさせて頂きます。

法適合対応(事前協議/各種行政届出)

基本計画が決まり次第、その計画を基に行政事前協議を行い
各種法規適合対応を進行致します。

実施設計/確認申請

法適合基本設計より構造設計、設備設計を行い
建築確認申請となります。
内装外装仕様や家具仕様など工事費見積もり
及び工事発注用の図面を作成します。

施工見積もり

見積り先の建設会社の選定とご提案を行います。
建設会社のご指定も頂けます。
また、見積書の精査と必要に応じた減額案の作成を行い
発注先を決定します。

現場着手

建設会社と工事請負契約を交わして頂きます。

施工監理

建設会社への指示及び施工図の確認を行い、
現場での定例会議を行います。
最終的な仕上げ素材や色の検討を行い、
現場でのお打合せをお願いします。

竣工対応

建築確認機関による完了検査を受け、
建築完了検査済み書を受領します。
事務所検査、施主検査を経て竣工引渡となります。

お引き渡し